飲むべきタイミング

glass vial pouring yellow drugs

ジスロマックは、アジスロマイシンという成分を主とする抗生物質です。飲むと胃腸を中心に体内に探索の網を伸ばし、細菌を見つけると素早く察知して爆弾を落とすがごとくすべてを一掃します。たとえば性感染症である淋病になってしまった人の場合、細菌は性器の周辺に巣食っています。尿道に侵入して居座り、繁殖して炎症を起こさせます。炎症が起きると尿道は痛み、特に排尿の際には激烈な痛みが襲うことになります。

「ザラザラした針金を性器から絞り出すような感じ。」

いささかキツイ表現かもしれませんが、まさしくそのような痛みが排尿時には起こるとされています。
さらに、淋病が始末に負えないのは膿を出すことです。しかもねばねばした黄色と茶色の入りまじった胸のわるくなるような色と臭いの膿で、パンツがべっとりと汚れ、ひどいありさまになってしまいます。
このように、淋病とは恐ろしい症状を呈する病気ですが、ジスロマックを飲むことによって冒頭に書いたように細菌をしっかり一掃してくれるのです。
しかも、ジスロマックは細菌を探し、破壊する能力に長け、戦闘能力が非常に高い抗生物質。というわけで、飲むのが早ければ早いほど、症状が軽いうちであればあるほど、その効果をスピーディに実感できます。

淋病は、最初から激しい症状が出るというよりはじわじわと病状が進んでいく病気です。最初は尿道の違和感として現れ、それがピークに達した頃、イヤな臭いの膿が噴出し排尿時の激しい痛みに襲われることになるのです。
というわけで、最初の「違和感」を覚えたとき、それが実は「ジスロマックを飲むべきタイミング」なのです!