飲むべきタイミング

glass vial pouring yellow drugs

淋病を例にとり、ジスロマックを飲むべきタイミングについて紹介します。症状が軽ければ、その分だけ早く効果を発揮してくれるので、初期症状の時期を逃さないようにしましょう。

drugs on table

整腸薬と一緒に

drugs on the floor

お腹が弱い人は、ジスロマックを飲むときは一応、整腸薬も用意しておきましょう。この抗生物質は副作用として消化不良になってしまうことがあるので、その点は注意すべきなのです。

便利な通販購入

woman putting capsule into her mouth

日本製の抗生物質は医師の処方箋が必要ですが、外国製の抗生物質は通販サイトを利用し、処方箋ナシで購入することができます。病院に行けない人はこっちを利用しましょう。

細菌を撲滅!

drugs with many color diference

いろいろな経路で体内に入ってきて悪さをする細菌たち。時として重篤な病気の原因になるこの細菌は、抗生物質という種類の薬によって退治することができます。細菌という生命体を退治する効果を持っている抗生物質は、結核菌を倒したペニシリンが歴史に登場して以降、さまざまな種類のものが知られています。
ここで取り上げるジスロマックも、そんな抗生物質のひとつです。
ジスロマックは、そのほかの抗生物質がそうであるように人の体内に入ると細菌を見つけ出して破壊していきますが、特徴として、一気に攻め込んで息つく間もなく非情な攻撃を加え、完膚なきまでに叩きのめして全滅させる、という戦法をとります。1匹ずつプチプチ倒していくというよりは、全体をひとまとめにしてドカンと一掃してしまう、重量級の大砲のような戦法で細菌を死滅させます。
ジスロマックの効果は、特に細菌によって引き起こされる症状が長引けば長引くほどつらいタイプの病気を患っている人にとっては、ありがたい薬となるでしょう。何しろドカンと一発で細菌を一掃してくれるので、その分だけ治りが早く、症状も早く消えていってくれるからです。

そう……たとえば細菌が原因である淋病などの場合は、ジスロマックは重宝するかと思います。
淋病は、その名も淋菌と呼ばれる細菌がセックスによって人の体内に入り込み、悪さをするという病気で、セックスが感染経路となる「性感染症」の中でも、症状が激しく、タチのわるいやつのひとつとされています。ジスロマックを使えばそんな激しい症状も、比較的短い期間で抑えることができるわけです。
実際、ジスロマックは淋病の治療薬として真っ先に登場するものであり、性病科のクリニックでの代表的な処方薬となっています。